大規模施設向けご提案

ホーム / 大規模施設向けご提案

大規模施設設置例

大規模施設カメラ設置図

大規模な施設でカメラを活用 牛の安全を保ちながら省力化を図ります

繁殖牛舎では

ベテランが新人にカメラを見ながら指示を出す。

 出産時、牛舎にいる新人職人に在宅のベテランがカメラで状態を見ながら指示をすることが出来ます。

センサー出産を感知、カメラで状態を確認

 出産を温度センサーで感知したとき、牛床をカメラで確認。破水しているかセンサーの脱落かを目で確認できます。

控室で二次破水を監視

 出産兆候で現場に駆け付けたあと、控室で待機しながら二次破水が来るかをカメラで確認。

録画で初乳を検証する。

 産まれてから牛舎を後にして自宅で初乳を飲んでいるか録画で確認することが出来ます。

リッキングなど危険対応

 カメラでリッキングなどを確認すれば直ちに現場に行くことが出来、子牛を守ることが出来ます。 職員が1人で牛舎にいるときに突くこともあるので、助けに行く。分娩介助に行くときにみる。

肉用牛試験牛舎では

カメラで牛の様子を見て発情の予測

 カメラで落ち着きのない牛を見つけ現場に着いた時に一番にその牛のところに行くことが出来、発情確認ができます。

牛の事故の発見

 足を扉の間に挟んで抜けない、鼻輪がひっかかるなど、行く前にカメラで見て状況を確認できるので対応が早くで  きます。

段取りが全然違う

 牛舎に行く前にカメラで確認することにより、対応が必要な牛の発見が出来るので対応の準備が出来きます。それ  により段取りよく対応できます。

乳用牛試験牛舎では

ロボットの搾乳機を見る

 搾乳機からの警報(長期滞在)があったとき、牛の状態をカメラで確認することができます。  引っかかっているのか、起き上がれなくなっていいるのか、ただボーとしてるのか、それぞれによって適切な  対応を取ることができます。

哺育牛舎では

子牛の体調を確認

 朝、カメラで見たときに首や足を投げ出している牛をいる子牛を発見できます。  牛舎に人が入ると見つけにくい牛の素の状態を見ることができます。

寒い?熱い?

 カメラで見たときに牛どうしが近寄っていれば「寒い?」、バラバラでいるようなら「熱い?」など、環境の予測が出来ます。

公共牧場での利用例

養牛カメラ公共牧場使用例
職員が自宅や出張先から、農家の方が預けた牛を見ることができます。 夜間早朝の乗駕行動も録画で確認できます。
3テラのハードディスクで約1月間の録画が可能です。

学校教育機関での利用例

養牛カメラ利用例学校
予め録画した分娩や発情場面を授業で示す事ができます。また校外からも牛を観察する事が出来ますので牛の管理が出来ます。
3テラのハードディスクで約1月間の録画が可能です。