設置・施工例

ホーム / 製品情報 / 設置・施工例

1.牛舎と事務所(自宅)が近い場合

牛舎と事務所(自宅)が近い場合
  • 牛舎と自宅や事務所などが隣接している場合は無線LANで接続しますので通信料が必要ありません。
  • 外出先など離れた場所からカメラを見るためにはインターネットへの接続が必要です。その場合別途プロバイダーとの契約と毎月の使用料が必要です。すでにインターネットがひかれている場合は新たに契約する必要はありません。
  • 牛舎のカメラの台数は必要により増減できます。

2.牛舎と事務所(自宅)の距離が数100mの場合

牛舎と事務所(自宅)の距離が数100mの場合
  • 牛舎と自宅・または事務所が数100mの場合は無線を中継することによりカメラを見ることが出来ます。
  • 条件によっては中継ボックスを追加する必要があります。

3.牛舎と事務所(自宅)の距離が数kmの場合

牛舎と事務所(自宅)の距離が数kmの場合
  • 牛舎と自宅・または事務所が数Kmの場合は無線を多段で中継することによりカメラを見ることが出来ます。
  • 条件によっては中継ボックスを追加する必要があります。

4.牛舎と事務所(自宅)の距離が数km以上の場合

牛舎と事務所(自宅)の距離が数km以上の場合
  • 牛舎と自宅・または事務所が数Km以上の場合は牛舎、自宅または事務所の双方にインターネット接続でカメラを見ることが出来ます。

5.牛舎にインターネットが無い場合 - 牛舎内で携帯電話の電波が強い

牛舎にインターネットが無い場合 - 牛舎内で携帯電話の電波が強い
  • 牛舎にインターネットが来ていなくてもデータ通信カードタイプを使用するとカメラを見ることが出来ます。
  • データー通信カードタイプを利用するには携帯電話が使える範囲である必要があります。

6.牛舎にインターネットが無い場合 - 牛舎内で携帯電話の電波が弱い

牛舎にインターネットが無い場合 - 牛舎内で携帯電話の電波が弱い
  • 牛舎で携帯電話の電波が弱い場合は無線LANタイプの養牛カメラと通信ボックスが必要です。
  • 通信ボックスは携帯電話が使える範囲に設置する必要があります。

7.牛舎にインターネットが無い場合 - 養牛カメラを2台以上設置

牛舎にインターネットが無い場合 - 養牛カメラを2台以上設置
  • 牛舎で携帯電話の電波が弱い場合は無線LANタイプの養牛カメラと通信ボックスが必要です。
  • 通信ボックスは携帯電話が使える範囲に設置する必要があります。