養牛カメラの特長

ホーム / 製品情報 / 養牛カメラの特長

養牛カメラの特長

特長1 牛の映像を遠隔地から確認できます

養牛カメラは牛の分娩などの様子を遠隔から確認出来る監視カメラシステムです。無線LAN-インターネットで構成されているため牛舎の状態を離れた自宅や、事務所から映像で確認することができます。
  • 牛舎と自宅が離れていても牛の様子を映像で確認できます。
  • コードレスで構成されているので、電源さえあれば、牛舎の中で自由自在に移設できます。
  • 牛舎やご自宅の状況や将来の拡張性を考慮して、2つのタイプの養牛カメラをご用意しました。
  • 1台の養牛カメラで3×4m程度の分娩房で3~4分娩房を見ることが出来きます。
養牛カメラ特長1

特長2 映像を録画できます

様子がおかしいと思ったときや「産後処理をしたか」「子牛が初乳を飲んだか」など、大事な場面を見逃した時など、気づいた時点から遡って牛舎の様子を確認できます。もちろん、発情の発見にも役立ちます。 養牛カメラ特長2

特長3 夜中でも照明を点けることができます

夜でも、携帯電話や自宅のパソコンから付属の照明を点灯・消灯することができます。夜でも安心して分娩を見守ることができます。
※養牛カメラライトはオプションの照明制御ユニットが必要です。

特長4 設備も簡単で、過酷な環境でも故障知らずです

機密性の高い保護ボックスでほこりや衝撃から本体を守り、気温が35度以上になると自動的にファンが回りますので養牛カメラをいつも万全な状態に保ちます。 ※自動ファンはスタンダードのみの装備となります。

特長5 映像と音声は携帯電話・スマホ・パソコン・テレビでチェック

  • パソコンからは牛舎の状況を動画と音声で携帯電話からは静止画で確認することができます。
  • フルブラウザ機能を搭載した携帯電話からは動画をみることができます。
  • またブラウザ機能搭載のデジタル対応テレビなら、テレビ番組を見ながら分娩房の確認が可能です。
養牛カメラの特長5